団体概要

「難民研究フォーラム」は、刻々と変化する難民を取り巻く環境に対応し、日本での難民専門の研究機関として、多角的な視点から国内外の難民の現状や難民政策に関する学際的な研究を行い、その成果を幅広く共有及び活用することによって、難民に寄与することを目的に設立されました。

世界での難民の状況は2014年末までに1950万人にのぼり、国内避難民約3820万人などを加えると、保護が必要な人の総数は約5950万人にも達しています。

日本においては、90年代に入り難民申請者が増加しています。このような状況の変化に対処するため、2004年出入国管理及び難民認定法が改正されました。とりわけ2006年から難民申請者が急増し、2015年には過去最高の7586人が難民申請しました。2015年には、27人が認定を受け、79人に人道配慮による在留許可が出されました。その一方で、日本の難民認定手続きは重大な課題を抱えています。難民審査の結果が出るまでに約3年を要し、その間、最低限の衣(医)・食・住もままなりません。

また、日本政府は2010年から実施されていた難民の第三国からの難民受け入れのためのパイロットケースを2014年度末までで終了させ、2015年からは第三国定住難民(第六陣)に対する定住支援プログラムを開始しています。

このような状況の中で、日本社会は新たな英知が求められています。

市民社会や専門家は、こうした課題の解決に向けてこれまでに様々な調査・研究を行ってきました。しかし、米国や英国で見られるような難民問題に特化して恒常的に研究を行う機関は構築されておらず、今日そのニーズが高まっていると考えます。

 

事業内容

本フォーラムは、以下の事業に取り組みます。

  1. 調査・研究
    1. 研究会
    2. 年6回程度の開催。フォーラムメンバーが特定のテーマについて議論する。法研究にとどまらず、難民に関する幅広い視点から、実務家(市民団体、弁護士等を含む)も参加して実施する。研究会の成果を論文、または報告書として発表する機会の提供も想定している。

    3. 国内外の会合参加及び現地調査
    4. ・UNHCR -NGO年次協議会、Annual Tripartite Consultation on Resettlement(ATCR)、International Association of Refugee Law Judges(IARLJ)等の国際会議への参加。

      ・難民受け入れ国および日本国内等での現地調査を行う。

      ・講演会等(一般公開)にて調査・研究の発表を行う。

    5. 研究者への助成
    6. ・若手研究家を研究者やリサーチアシスタントとしてフォーラムへ登用するとともに、フォーラムが選定した研究へ若手難民研究者奨励賞を授与する。

  2. 情報収集・発信
    1. 研究誌出版
    2. ・年ごとのテーマを設定して年一回の発刊を想定している。内容は、研究会での研究者の発表をもとに書き下ろされた論文を誌面で発表するものとする。また、寄稿された論文を検討し、当フォーラムが選定した論文や、海外の優れた論文の日本語翻訳の掲載も想定している。2011年10月発行の研究誌第1号のテーマは「第三国定住」、2012年12月発行の第2号テーマは「難民『保護』を考える」、2013年11月の第3号テーマは「社会統合(Integration)」である。2014年秋に発行予定の第4号のテーマは「無国籍」を予定している。

    3. ホームページによる情報発信
    4. ・ホームページを開設し、最新の国内外の難民に関する情報(出身国情報や判例等も含む)の発信を行う。また、最新の国内の入国管理局の統計及びNGOによる統計を掲載し、日本の法整備に関する国会審議等に関する情報等も発信する。言語は、日本語・英語を想定。

    5. ネットワーキング
    6. ・日本の状況を広く国内外に発信する。

      ・世界の難民を取り巻く課題の解決のため国内外のシンクタンク、大学及び関係機関と連携する。

      具体的には、国際会議への参加、及び他国のシンクタンクやアジア太平洋地域の難民保護に取り組むNGOネットワークとの連携を図る。また、政治学、法学、社会学、文化人類学、心理学、医学、地域研究など多様な学問分野の研究者とのネットワーク構築を図る。

 

資金助成団体
真如苑

メンバーリスト

世話人 

  • 阿部 浩己 (共同代表幹事、神奈川大学法科大学院教授)
  • 中村 義幸 (共同代表幹事、明治大学情報コミュニケーション学部教授)
  • 石井 宏明 (難民支援協会常任理事)
  • 市川 正司 (弁護士)
  • 森谷 康文 (北海道教育大学人間地域科学課程講師)
  • 藤本 俊明(神奈川大学他講師)

編集委員

  • 藤本 俊明(編集委員長)
  • 石井 宏明
  • 筒井 志保
  • 石川 えり
  • 松岡 佳奈子

研究員

  • 小池 克憲 (東京大学大学院総合文化研究科博士課程)
  • 松岡 佳奈子(東京大学大学院総合文化研究科博士課程)

事務局

  • 筒井 志保
  • 石川 えり
  • 松岡 佳奈子


フォーラム案内冊子

こちらをクリックしてください。
RSFBooklet_Cover.jpgのサムネール画像














スタッフ募集


こちらをご覧下さい。


参加しているネットワーク

Refugee Research Network

Forced Migration Review
   バックナンバーはこちらから。