『難民研究ジャーナル』第2号のお知らせ


難民研究フォーラムは、機関誌として、
『難民研究ジャーナル』第2号を2012年11月26日に発刊しました。
第2号の特集は『難民「保護」を考える』です。

ジャーナル 表紙.jpgのサムネール画像

これまで日本では、難民研究を専門とした研究誌の前例がなく、
個々の研究者が各々の研究の発展を共有する場が乏しい、という課題がありました。

そのような状況の中、難民研究フォーラムは
難民専門の機関誌として、『難民研究ジャーナル』を創刊しました。

『難民研究ジャーナル』第2号 特集:難民「保護」を考える
定価:1,890円(税込み)、送料:90円
B5版、127ページ

クレジットカードでの購入をご希望の方は、こちらからお申込み下さい。→お申込み
Visa MasterCard Diners

アマゾンでの購入をご希望の方は、こちらからお申込み下さい。→お申込み

銀行振り込み等でのご購入をご希望の方、その他ご購入に関するお問い合わせは、
難民研究フォーラム事務局(info@refugeestudies.jp)までお願いいたします。

第2号 目次

特集:難民「保護」を考える

▼論文
関聡介; 続・日本の難民認定制度の現状と課題 
森谷康文; 日本における難民のソーシャルワーク研究の到達点 -アサイラム・シーカーズを中心に 

▼講演録
阿部浩己; 遍在化する境界と越境する人間たち -監視統治の深まりと難民認定手続きの地平  

▼報告
杉本大輔; 日本における難民訴訟の成果と課題 
古藤吾郎; 滞日難民申請者の脱貧困をめぐる困難と葛藤 ‐ソーシャルワークの現場から 
イ・ホテク; 韓国における難民法の制定過程、内容、残された課題 
※オリジナルの英語論文はこちらからご覧になれます。Article of Ho-taeg Lee(1109).pdf
ブライアン・バーバー; 東アジア諸国における難民保護をめぐる動向 

※オリジナルの英語論文(2013年改定版)はこちらからご覧になれます。
The original English article(revised 2013 version) can be found here:
Brian Barbour, "Protection in Practice - The Situation of Refugees in East Asia.pdf"

ジェーン・フリードマン; 迫害と保護 EUにおけるジェンダーと庇護 

▼通年報告
2011年日本の判例動向
海外判例評釈
2011年難民動向分析―日本―
2011年難民動向分析―世界―
カナダにおける改正難民法(C-31)の問題点
文献紹介―日本―
文献紹介―海外―
難民関連文献一覧

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.refugeestudies.jp/mt/mt-tb.cgi/94

コメントする