『難民研究ジャーナル』第5号発刊のお知らせ

難民研究フォーラムは、機関誌
『難民研究ジャーナル』第5号を2015年12月28日に発刊しました。
第5号の特集は「補完的保護(Complementary Protection)」です。
難民研究ジャーナル5号表紙_1.jpg

『難民研究ジャーナル』第5号 特集:補完的保護(Complementary Protection)
定価:2,000円(税抜き)、送料:90円
B5版、160ページ

クレジットカードでの購入をご希望の方は、こちらからお申込み下さい。→お申込み
Visa MasterCard Diners

※『難民研究ジャーナル』1-5号をセット価格9800円⇒8000円で販売しております。

アマゾンでの購入をご希望の方は、こちらからお申込み下さい。

銀行振り込み等でのご購入をご希望の方、その他ご購入に関するお問い合わせは、
難民研究フォーラム事務局(info@refugeestudies.jp)までお願いいたします。


第5号 目次

特集: 補完的保護(Complementary Protection)

論文
補完的保護の理論枠組の批判的検討その国際的保護における位置づけ、アクセスおよび審査方法をめぐって/山本哲史

「補完的保護」論の「補完」性難民法史における再定位の試み/加藤雄大

報告
補完的保護の概念化と主要判断要素/有馬みき

日本における難民認定と人道配慮の位置付け実務的側面から/熊澤新

日本における補完的保護のこれまでと今後難民認定制度に関する専門部会の提言を題材として/浦城知子

投稿報告

日本における北朝鮮難民(脱北者)の実態/宮塚寿美子

若手難民研究者奨励賞成果論文・報告

教育からみるシリア難民の生活とコミュニティトルコおよびヨーロッパにおける社会関係資本の比較/山本香

事実上の長期化無国籍難民にとっての、もう1つの解決法としての留学インドの亡命チベット人社会から来日した留学生の事例/三谷純子

大量難民流入における難民保護と国家の安全保障の衝突ケニアのダダーブ難民キャンプでのソマリア難民保護を事例に/土田千愛

通年報告

2014年日本の判例動向

2014年難民動向分析日本

2014年難民動向分析アジア

2014年難民動向分析世界

公開シンポジウム「シリア難民から考える日本の補完的保護」報告

国際シンポジウム「無国籍者とノン・シティズン:ラトヴィアとの対話」報告

文献紹介日本

文献紹介海外

2014年難民関連文献一覧

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.refugeestudies.jp/mt/mt-tb.cgi/147

コメントする