2010年7月アーカイブ

IMG_7095a.JPG7月23日(金)、明治大学駿河台キャンパス研究棟4階第1会議室において、石井宏明 難民支援協会常任理事を発表者に迎え、研究会「Annual Tripartite Consultations on Resettlement(ATCR) 参加報告」が開催され、研究者や実務者を初めとする26名に参加いただきました。

ATCRとは、難民の第三国定住受け入れを実施している政府、市民社会、国際機関(UNHCR、IOM等)が一堂に会して毎年開催されている国際会議であり、ジュネーヴで開催された2010年の本会議に日本NGOの代表として参加した報告者から、ATCRの概要、会議での主要議題、各国の第三国定住受け入れの現状と課題などが報告されました。

現在、世界中で第三国定住の対象難民の10%しか第三国定住を実現できていないという現状(10 out of 100)を踏まえ、今後受け入れ人数や新規第三国受入れ国を増やすこと、効率的・戦略的に第三国定住難民を受け入れていく(移民の枠組みからの難民受入れといったチャレンジングなものも含めた)ことなどが話しあわれました。会議やステートメントの中では、日本等新たに第三国定住受入れを表明した国・地域を歓迎すること、特に脆弱性の高いUrban Refugeesに注目すること、新たに開始されるEUでの第三国定住政策への注目が議論され、特に多くの難民を生むアジア太平洋地域において日本の第三国定住開始のニュースが世界的に非常にポジティブに捉えられていることが報告されました。

IMG_7102b.JPGIMG_7129b.JPG
7月23日(金)、明治大学駿河台キャンパスリバティタワー23階サロンにて、難民研究フォーラムの設立記念レセプションを開催いたしました。研究者を初めとして、弁護士やUNHCR職員等実務者の方を含め、総勢36名にご参加いただきました。

レセプションでは、本フォーラム世話人会座長の本間浩の挨拶に始まり、難民に関わる研究者と実務者の活発な交流がなされ、本フォーラムに対する今後の抱負も聞かれました。

皆様からのご助言、ご要望を受け、よりよいフォーラムとしてまいります。今後ともよろしくご支援、ご参加を賜ります様お願い致します。

  案内冊子表紙.jpg難民研究フォーラムの案内冊子ができました。

 

PDFファイルはこちらから→ RSF booklet.pdf

プレ勉強会 「アメリカにおける第三国受け入れの変遷とその課題」

日時:2010年6月30日(木)、18時?19時30分

場所:財団法人 国際教育振興会(IEC)日米会話学院


難民支援フォーラム開所に先立ち、6月30日に財団法人国際教育振興会(IEC)日米会話学院にて、プレ勉強会を開催しました。


講師には、マーティン・フォード氏(博士・アメリカメリーランド州人材開発局難民事務所副所長)をお招きし、アメリカの第三国受け入れに関する報告、参加者13名とのディスカッションを行いました。


詳細は追ってアップロードします。

P1010013a.JPG

本間 浩 (難民研究フォーラム 座長)

 多くの諸国において人権思想の普及が説かれてはいるものの、国によっては権力的弾圧の下に数多くの人々の人権が侵害され続けている。この状態は、現在なお世界各地域で見られる。しかもその弾圧は、「常人ならば誰しも苦痛に感じ」、または人間としての尊厳性を喪失させ、まさに「迫害」に相当するほどにしばしば過酷である。そのような状況下に居たたまれず多くの人々が自国から脱出して他国に難民として流入し、または自国内の、少しでも安全な地域を求めて転々と移動する国内避難民として何とか命を繋ぎとめる。これらの人々の救済は、自国内の、原因解消に繋がる体制改善が実現されない限り、国際社会に依らざるを得ない。