2014年6月アーカイブ

IMG_3633-2.jpg


日時:67日 1330?1630

場所:真如苑友心院ビル

【アジア(フィリピン、韓国)における新たな難民法制度の動きと日本の今後】

1.基調講演: ブライアン・バーバー (アジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)リーガルエイド/アドボカシー分科会議長)

2.報告・パネルディスカッション

 フィリピン:無国籍者の状況と難民・無国籍認定制度の導入/付月(茨城大学准教授、無国籍ネットワーク

韓国:難民法の制定、難民支援センターの開設、そして第三国定住難民受け入れへの動き/松岡佳奈子(難民研究フォーラム事務局・研究員)

日本:難民認定制度の現状と課題/難波満(弁護士)

 ゲストパネリスト:ヨンビ・トナ(韓国光州大学専任助教、韓国での難民認定者

モデレーター:藤本 俊明(神奈川大学法学部講師・難民研究フォーラム世話

IMG_3579.jpg


日時:6月7日 10:00?12:00
場所:真如苑友心院ビル

<発表内容・発表者>

?難民の地位に関する条約第33条2項をめぐる国際法の理論:庇護とsurrogacyの視点からの検討/加藤雄大(東北大学法学研究科)

 

?移動する人々と第三国定住制度:難民の行き先が日本になるとき/三浦純子(東京大学総合文化研究科・日本学術振興会特別研究員)

 

?ソマリランドとソマリランド・ディアスポラ:国境を越えて展開されるダイナミズムを捉える試みから/須永修枝(東京大学総合文化研究科)

 

?就労現場におけるベトナム難民の受け入れと町工場が果たした役割に関する一考察:兵庫県姫路市・神戸市長田を事例に/瀬戸徐映里奈(京都大学農学研究科)・野上恵美(神戸大学国際文化学研究科)