出身国情報(COI)

和文資料

▼法務省翻訳 難民関係公表資料

   米国国務省報告

   英国内務省報告

NEW▼全国難民弁護団連絡会議(全難連)

   地域別難民ニュース

NEW▼ビルマ情報ネットワーク burmainfo.org

   ビルマ政治・社会ニュース、資料等
   

英文資料

国連難民高等弁務官(UNHCR)
国際連合において難民問題への対処に責任を持つ機関。「Refworld」のホームページからは国別人権状況の資料が検索できる。そのほか、毎日更新される世界の難民ニュースや各国の判例などもみられる。UNHCR独自が発行する出身国情報として「出身国別難民該当性ガイドライン」、「出身国別背景書」、「ポジション・ペーパー」がある。

   ▼UNHCR駐日事務所

アムネスティー・インターナショナル
世界最大の人権NGO。国別人権レポート「アムネスティ・インタナショナル・レポート」を毎年発行している。ホームページからは人権問題を国別・テーマ別で検索できる。

   ▼社団法人アムネスティ・インターナショナル日本

US Department of State Human Rights Report
米国国務省が発行している「国別人権報告書」にアクセスできる。

US Department of State Report on International Religious Freedom
米国国務省が発行している「国際宗教自由報告書」にアクセスできる。

UK Home Office Country of Origin Information Service
英国内務省出身国情報センター。COIレポートの他に、内務省が発行している「Operational Guidance Note」も必見。

ヒューマン・ライツ・ウォッチ
アメリカに本部を置く人権団体。アムネスティと同様、毎年発行される国別人権状況レポート「ワールド・レポート」は充実している。

   ▼ヒューマン・ライツ・ウォッチ・ジャパン

国際移住機関(IOM)
難民の第三国定住支援を行っている国際機関。健康診断、生活ガイダンス・初級語学研修、渡航手続きなどのプロセスを運営している。

Country of Origin Research and Information (CORI)
(英国)COIについてのリサーチやその活用についてのトレーニングなどを提供するセンター。

Immigration and Refugee Board of Canada
1989年カナダ議会によって設立された移民・難民認定を行っている準司法的機関。判決や出身国情報が掲載されている。

Refugee and Migrant Justice (RMJ)
(英国)前Refugee Legal Centre。イギリス全土に13のオフィスと300人以上のスタッフを擁する難民と移民のための法的支援機関。

European Country of Origin Information Network
出身国情報の検索サイト。国際機関による資料に限らずBBCやNYタイムズなどの報道機関による記事も検索にかける。

Electronic Immigration Network (EIN)
イギリス・ヨーロッパの移民情報ネットワーク。ヨーロッパの条約、イギリスの法律などがみられる。(※一般サイトと会員向けサイトに分かれています。)

US Committee for Refugees and Immigrants (USCRI)
1958年に設立され、長い歴史をもつアメリカのNGO。難民に関する情報を国別でまとめた「World Refugee Survey」を毎年発行している。

Human Rights First
アメリカの人権法の専門家達によって組織された国際機関。地域別に出されている報告書が入手できる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.refugeestudies.jp/mt/mt-tb.cgi/33

コメントする