海外の判例集

Refworld: The Leader in Refugee Decision Support
UNHCRのグローバル/ナショナルネットワークを駆使して、国際機関、政府機関、法曹、学界、市民団体等から収集された世界の難民関連総合情報サイト。各国の難民関連情報や難民関連法、政策、判例等が閲覧できる。

The Michigan-Melbourne Refugee Caselaw Site
(アメリカ)ミシガン大学ロースクールによるサイト。難民法に関する情報が充実しており、各国の難民・国際法関連機関や研究者とのネットワークデータを公開している。

AsylumLaw.Org
判例、出身国情報の資料が国別・テーマ別で検索できる。テーマはHIV、ジェンダー、子ども、性的マイノリティなどがある。キーワード検索は、UNHCRやRefugeecaselaw.orgなどのデータベース15件から一斉に検索をかける。また、無料登録すると各国の難民関連弁護士や研究者のネットワークデータがみられる。

International Association of Refugee Law Judges (IARLJ)
1997年ワルシャワで結成された、各国の難民に関わる法曹関係者の集まり。法曹関係者難民会議の情報等見ることができる。

WorldLII: World Legal Information Institute
14地域・国のLegal Information Institute(法情報研究所)が協力して1000以上のデータベースへのアクセスを1つにまとめている(年々拡大されている)。判例の他に法律や法改正に関する情報を検索できる。
Categories>Subjects>Refugees & Asylumsを選択すると難民に関する情報に限定した検索が可能。

AsianLII : Asian Legal Information Institute
Australasian Legal Information Instutute(AustLII)提供。日本を含むアジア28カ国の制定法、判例などを英語で無料で調べられる219のデータベースを総合したデータベース。
Advanced SearchでAsian LII: All Case Law Databasesを選ぶと、判例が検索できる。

Public Library of Law
(アメリカ)米国の法律情報を無料で一括検索できる世界最大規模のデータベース。
米国の最高裁判所の判例、1997年以降の米国50州での判例、裁判所規則、条例、憲法などのデータを検索することができる。

Center for Gender and Refugee Studies
(アメリカ)カリフォルニア大学Hastings College of Lawにある研究センター。Gender-Based Asylum Seeker(性差別を理由に庇護希望をする者)に関する判例、ニュース、論文のリストなどを公開。個別のケースに対する相談も受けている。

European Council on Refugees and Exiles (ECRE)ヨーロッパ各国の評議会がだしているレポート・ニュースレターを見ることができる。難民に関する法律情報・政策情報・社会保障情報など様々な情報を引き出すことができる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.refugeestudies.jp/mt/mt-tb.cgi/32

コメントする